reliphone

Amazon初売りタイムセールや家電量販店で最新iPadが安い(1月6日まで)

 

あけましておめでとうございます。

iPadを買い換えたくて安売りしてないかなーと探していたところ、Amazon初売りタイムセールで約10%ほどお得に買えるようになっていました。

機種は最新の第7世代iPad

32GBモデルは3,311円引きで、さらに350ポイントが付く。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ(最新モデル)
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 6

128GBモデルも3,310円引きで、さらに1,857ポイントが付く。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 128GB) - シルバー
Apple(アップル) (2019-10-02)
売り上げランキング: 115

同じタイミングでヨドバシなどの家電量販店でも1月6日までの期間限定の値引きが始まっているので、Apple主導のセールなんでしょうね。

ヨドバシの場合は3,310円引きで、さらに350ポイント。

ビックカメラだと3,300円引きで、さらに349ポイント。

値引きはどこもほぼ同じで横並びなのに、なぜか128GBモデルに関しては他社が1%のところAmazonだけ4%もポイントが付くというお得感。
ビックカメラは459ポイントなのに、Amazonは1,857ポイントならAmazonで買うよね。

ちなみにiPad Air 3はAmazonだけでセール中。3,045円引きで572ポイントが付きます。

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - シルバー (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 514

 

ということで、最新iPadを狙っていた方はぜひこの機会に。

 

おわりに

正直言って第7世代iPadってスペック的にはちょっと物足りないんですよ。

CPUはA10 Fusionなので、第6世代のiPadやiPhone 7と同じもの。
A8Xを搭載したiPad Air 2からの買い替えではあまり性能向上は見込めませんが、今回の買い替えはAir 2の性能不足ではなくバッテリーの劣化なので、まぁいいかなと。
なによりAir 2のサポートが切れる前の高く売れるうちにAir 2を手放したいのが買い替えの決め手。いまなら1万以上にはなるようだけど、サポート切れたらほとんど値段が付かないからね。

だけど、Apple Pencil(第1世代)やSmart Keyboardに対応していて35,000円で買えてしまうというのはやはり安い。

iPad Air 3だとCPUがA12 Bionicになるし、フルラミネーションディスプレイ(ディスプレイ表面のガラスと液晶までの距離が近いので、液晶が見やすくて、Apple Pencil使用時のペン先のズレが少なくなる)なので、Apple Pencilを使いたいって人はAir 3も選択肢にいれたほうがいいでしょう。

第7世代iPadは型落ちのスペックだけど、この金額を見ちゃうととても良いんですよね。

Apple公式での初売りでは最新iPadは対象外でしたし、ヨドバシの福袋なんてあっという間に終わりましたから買えなかった人も多いでしょう。私もです。
なので私はこのセールで第7世代iPadを購入します。

あとiPadとは全然関係ないんだけど、Amazonの初売りタイムセールでジレットのカミソリがちょっと考えられないくらい安いので、ジレットを使っている人は買いだめしておきましょう。
本体付きなんでシック派の人でもいいけど。

 

通常だと5,700円程度するのに、定期おトク便と組み合わせたら最高で2,771円で買えちゃいます。
わけがわからんくらい安い。
買いです買い。

替え刃ってやたら高いんで、メルカリやヤフオクなんかで安く買いたいと思う人がいるかもしれませんが、正規品っぽく見える粗悪な偽物が大量に出回っているので気をつけましょう。

 

今日の音楽

大晦日の記事で紹介した最高のジャズグループSnarky Puppy
最高なベーシストと、ドラマー、キーボーディストたちによる、まさに奇跡のような名演であったわけですが、残念なことにキーボードのCory Henryはすでに脱退をしています。

でも、この映像を見れば脱退したのも無理はないと理解できるはず。
メトロポール・オーケストラと共演したノース・シー・ジャズフェスティバルでの演奏はまた凄まじく、見る人の心を揺さぶります。

Cory Henry – Purple Rain

Princeの名曲Purple Rainをカバーしただけでなく、素晴らしい歌声まで聴かせてくれます。
そしてなにより圧巻なのがPrinceのギターソロパートをアナログシンセで見事に弾いてみせたこと。

この圧倒的な演奏を前にしては、もう天才なんて言葉では足りないほどです。
こんなに感情豊かなシンセの音色を出せる人がほかにどれほどいるでしょうか。

Coryはジャズよりもファンク方面が好きなようで、あのVulfpeckとツアーをやったりしています。
これもたまらん共演です!

Vulfpeck, Corey Henry and Antwaun Stanley

現在は自身の名前を冠したCory Henry and the Funk Apostlesとしても活動中。

Cory Henry and the Funk Apostles – Love Will Find A Way

ここまで突出した才能があると、またSnarky Puppyのメンバーに戻るって選択肢は無いんだろうけど、叶うならもう一度聴いてみたいものです。

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】