reliphone

App Storeプレビューが新デザインとなったので新旧比較してみよう

 

App Storeプレビューというのは、これまでiTunesプレビューと呼ばれていたアプリのWebページのこと。
それが新しいデザインに生まれ変わりましたので、詳しく見ていこうと思います。
(通常の方法ではiOS端末で見ることができません)

新旧のデザインのスクリーンショットを保存しておいたので、興味のある人は比較してください。画像が大きいのでiPhoneだと見にくいですけど。

▼旧デザイン(クリックで拡大)

▼新デザイン(クリックで拡大)

▼新旧並べてみるとこうなる(クリックで拡大)

レビューが表示されていない点を考慮しても、長さは2倍以上になっている。
縦に長く余白の多いデザインで、スクロール量は増えてしまったが、情報が整理されて見やすくなったと思う。

 

変更点

Webフォント

SF Pro JPSF Pro DisplaySF Pro IconsというWebフォントを使うようになった。

▼Webフォントの有無で比較

Webフォントが適用された上のほうがバランスよく締まって見える。

 

ランキング順位

カテゴリ内でのランキング順位が掲載されるようになった。
iOS11になってからはAppStoreアプリ内でも表示されているので、それに合わせた形だ。

▼Webでの表示例

▼iOSでの表示例

日本人にとっては少しわかりにくいけど、♯(シャープ)ではなく#(ナンバー)ですね。

 

アップデート履歴

最新のアップデート内容だけでなく、過去の履歴も見られるようになった。

▼アップデート履歴(クリックで拡大)

iOS端末ではアップデート履歴が 1ヶ月前 のように相対日での表示になっているが、Webでは 2017年12月3日 のように絶対日で表示されるのが嬉しい。
ただし、これはApp Storeアプリでもそうだが、すべての履歴を表示できるわけではないのが残念。

 

評価

0.5刻みでの★表示に加え、0.1刻みでの数字表記も加わった。

 

スタッフメモ

一部の有力なアプリにはカスタマーレビューの項目にApp Storeのスタッフによるコメントが加わっている。

▼スタッフメモ

ただ、スタッフのメモをカスタマーレビューの場所に置くのはどう考えてもふさわしいとは思えない。

 

アプリ内課金

アプリ内課金やサブスクリプションについて、いくつかのアイテムがアイコンとして表示されるようになっています。

▼課金アイテム表示

サブスクリプションについては従来より無料トライアル期間が設定できるようになっていましたが、こうしてアイコンとして表示されることでその存在がわかりやすく、より使い始めやすくなったのかもしれません。

このように無料トライアルに関する表記が一部のアプリで変わったことと、USストアで無料トライアルのアプリを特集したことで、「ついにAppStoreでも無料トライアルが始まった」なんて記事を日本のニュースサイトでいくつも見かけましたが、あれは間違い。無料トライアル自体は以前からありますが、iOS11.2で新たにIntroductory Pricesという仕組みが導入されたことによるものです。

 

位置情報を使うアプリへの注意

例えばPokemon GoなどのGPSを利用するアプリには一番下に

『このAppは使用中に限らずあなたの位置情報を利用する場合があるため、バッテリー駆動時間が短くなる可能性があります。』

と付け加えられている。

 

Appのレーティング

AppStoreでは内容に応じて推奨年齢が表示されている。
まずは4歳以上の幼児にも問題の無い内容とされる4+から始まり、9+12+17+と推奨年齢で分けられる。

これまで幼児向けのアプリに関しては4+だけでなく、対象年齢5歳以下といった表記もされてきたが、それが消えた。
また4+、17+が具体的にどのようなものなのかを示すリンクがなくなってしまったため、初見ではわかりにくくなってしまった。

不満点

Promotional Text非対応

iOS11の登場と同時にAppStoreにPromotional Textという項目が加わりました。
これまで自由に変更できていたアプリの説明文がアプリ審査時にしか編集できなくなった代わりに追加されたもので、主にセールなどの告知に使われます。

一見しただけではそれと見抜くことが難しいのですが、iOS端末ではアプリの説明文の上に表示されています。

▼Promotional Text例

スクリーンショットには期間限定 50%OFFという一文が書かれています。これがPromotional Text。
この一文がWebには無いのです。

金額だけでなく、期間やセールの理由などが書かれていることも多いので、なるべくチェックをしたい項目です。
本来であればすべての環境で表示させてしかるべきものだと思うんですが、なぜかWebではその情報が表示されていません。新しくなってもです。

 

Appのプレビュービデオ非対応

ストアに掲載されている動画は相変わらずiOS端末でしか見ることができません。
Webでも見られるようにしてほしい・・・・・・

 

総レビュー数がわからない

これまでは現在のバージョンすべてのバージョンという二つの評価が並んでいましたが、すべてのバージョンの評価が表示されなくなりました。

iOSにはアプリデベロッパを悩ませていたレビューリセット問題というのがありまして、アプリをアップデートするとレビューがゼロにリセットされてしまい、それにより新規のダウンロードが減ってしまうことがありました。
なのでデベロッパたちは毎回レビューを書いてくださいとお願いをしていたわけです。
iOS11の登場に合わせてそれが変更され、アップデートごとにレビューをリセットするか、そのまま引き継ぐかをデベロッパが選べるようになりました。

それはそれでいいんですけど、問題はいまの評価数がリセットされた数なのか、それとも引き継いだ数なのかがWebではひと目ではわからなくなったという点です。

 

おわりに

ごちゃごちゃしてわかりにくかったところが整理され、スッキリと見やすくなりました。
一般ユーザーにとっては歓迎すべき内容でしょう。

あと一点、ものすごく嬉しい変更が加わっていたのですが、長くなりそうなのでそれはまた別記事で。

この記事のQRコード App Storeプレビューが新デザインとなったので新旧比較してみよう

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】