reliphone

Stretching Plus – アニメーションがかわいいストレッチアプリ

  2016/01/02

“デスクワークで肩こりぎみのあなたにオススメ”

 

ストレッチで肩こり解消を。

 

ここがオススメ

AppleWatchは座りっぱなしで作業をしていると、そろそろ立ちましょうと促してくれる機能があります。
定期的な運動をするというのはなかなか自分ではできないもので、そうして促されてやっと気づくことが多いでしょう。

このアプリは定期的にストレッチを促してくれます。
デスクワークでガッチガチに固まりがちな肩と首の凝りは、こまめなストレッチで固まる前にほぐしていきましょう。

起動画面はこんな感じ。
Stretching Plus
起動画面にもいろんなパターンがあって、ここもアニメーションしてかわいいです。

まずアプリの設定をします。
Stretching Plus
設定は3つ。
時間帯とインターバル、ストレッチの長さです。

9時から17時まで、90分間隔で通知してもらえるようにしてみました。
Normalだと1セット3分程度のストレッチ。

実際のストレッチは動きをかわいいアニメーションで教えてくれます。
Stretching Plus
こんな感じで、ひとつの動きを8秒で2回ずつ、それをランダムに出してくれます。
全部で30種類あるのでいろんな動きを行えます。

自分でやるとどうしても同じ動きばかりになってしまいますから、こうして動画で具体的な指示を見ることができるのはなかなか助かります。
そしてアニメーションもとてもかわいい。起動するたびにハツラツと仕事をしていたり、煮詰まってイライラしていたり、いろんな表情を見せてくれる。
もちろんストレッチの後にはすっきりとした表情を見せてくれます。

 

ここが惜しい

どうも通知周りに初歩的なバグがあるらしく、通知してくれる時間は正しいものの、通知には常に0:00と表示されてしまう。
まぁわかるからベつに困りはしませんが。

通知設定をオンにすると毎日決まった時間にストレッチを促してくれますが、土日も同じように通知してくれちゃうので曜日設定が欲しいところです。

 

まとめ

要らない人には全く要らない。
だけど肩こりがひどい人間にとってはつい怠りがちなストレッチで凝り固まった筋肉をほぐせるのが嬉しい。
なによりかわいいのです。

起動するたびになんか癒される、シンプルなストレッチ支援アプリ。
パソコンに向かいっぱなし、デスクワークで肩こりぎみのあなたにオススメ。

この記事のQRコード Stretching Plus – アニメーションがかわいいストレッチアプリ

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】