reliphone

【B-side】スマホ車載ホルダーが進化していた件

 

文章を書いているとやたらと脱線しがちな癖があって、なんとかうまくまとめる術は無いものだろうかと以前から考えていたんですけど、本題からズレる話題をB-sideとして別記事に書くことにしました。
話題が膨らみすぎたり脱線したりするのは書いてて楽しいんですけど、主題がぼやけてしまうのでどうしたものかと思ってましたが、分ければ良いじゃんという単純なことに気付いたのです。いまさら。

膨らみすぎて削ったネタが捨てるには惜しいなというときにはB-sideを書きます。

本編はこちら → 【商品レビュー】スマホ車載ホルダーが進化していた – UGREEN 車載ホルダー | reliphone

さて、本編に書いた重力式と呼ばれる車載ホルダーを知ったのは、今年の2月にKickstarterでMofinという製品を見つけたところからです。
Mofinは重力式の車載ホルダーとQiを組み合わせた製品で、なんて素晴らしいアイディアなんだろうと感心したのを覚えています。


Mofin: The Best Gravity Wireless Phone Charger For Car by Mofintech — Kickstarter

基本的には試作を重ねて量産へ向けての資金を募るクラウドファンディングですが、このプロジェクトではすでにパッケージまで完成した状態で資金を募っている状況にちょっと違和感を感じて、実際にはすでに製品が存在しているんじゃないかと調べてみたのです。
そうしたらAmazonで同じ製品がありました。

デスク用のマウントは付いていませんが、それ以外は同じに見えます。
なぜ同じ商品がすでにAmazonで販売されているのか。可能性はいくつかあります。

・デザインと機能をパクられた
・委託している製造ラインで勝手に金型を使われた
・実は既存製品のOEM

クラウドファンディングで公開したものがパクられて、先に中国で販売されるというのはよく聞く話ではありますが、デザインまで同一にしてしまうと訴えられる可能性がありますし、ここまで同じにする必要はありません。

金型の流用というのも可能性としてはありますが、工場が倒産したとかでもないかぎり、出所が明確なのでリスキーすぎる話です。

既存のOEM製品であることを伏せるというのは日本のクラウドファンディングでもたまに見かけます。製造のための資金調達と言うよりは単に宣伝の場として使っている感じですね。
これが一番可能性高いんじゃないかと思いますけど、実際にはどうなんだかわかりません。

ものとしては悪くない感じですから、クラウドファンディングは待てないという方はAmazonでどうぞ。
まぁ選択肢はいろいろとあるので、もはやこれにこだわる必要もないのですけど。

前回の記事でマグネット式でQi対応の車載ホルダーもあるとコメントしてくれた方がいらっしゃいました。ありがとうございます。

これも話がズレるので本編からは削ったんですけど、2年近く前にKickstarterで資金を募っていたXVIDAという製品があります。


XVIDA Smartphone Mounting System with Qi Wireless Charging by Marko Cadez — Kickstarter

Qiには適切な位置に置かないとちゃんと充電できないという弱点がありますが、このXVIDAは適当に置くだけでもマグネットで適切な位置に固定され充電ができるというのが利点です。
いいアイディアですよね。
これが発表された当時はまだiPhoneがQiに対応していませんでしたから、ケース自体にコイルが内蔵されるというものでしたが、いまはiPhone本体のQi機能を使うようになっています。

iPhoneの非接触充電用コイルは本体の中央部分にあって、そこを金属などで覆ってしまうと充電ができなくなってしまうわけですが、コイルは覆わずに周囲に配置することで解決しています。
はじめ見たときには画期的だと思ったのですが、マグネット固定式ではない通常のQiパッドを利用する際にはどうしても干渉してしまうので、マグネットQiはそれ専用のものとして考えなくてはいけないのが残念です。
これなら縦画面にも横画面にもできるので車では最高に便利ですけど、デスクで普通のQi充電器を使うときには困るでしょう。

いろんな環境でも使えるように大手がシリーズ展開してくれると最高なんですけど、使う充電器が限られるという現状ではあんまりオススメできないかなと。
理想としてはQi対応のモバイルバッテリーでマグネット固定のものが出たらすごくいいだろうなと妄想しています。

Qiを使うのは車だけと割り切れる方は、Amazonで『マグネット Qi』と検索してみてください。ちょいちょい増えてきました。
XVIDAも売ってますけど、高すぎる。

今回重力式車載ホルダーを購入するにあたって、どうしてレビューが1件もないUGREENの製品を選んだかというところも触れておきます。

Amazonで『重力式 スマホ』を検索してみるとわかるんですけど、似たような製品が非常に多い。
ロゴだけ変えたOEM製品ばかりなんでしょう。

どこかちゃんと自社で作ってるメーカーは無いのかと探してみると、UGREENはどれとも似ていない。
だからといって自社で設計しているということにはなりませんが、少なくともロゴだけ変えただけのOEM商品とわかっていて飛びつくのは微妙な感じです。
似たり寄ったりな製品よりは、どれとも似てない製品がほしい。

UGREENはアクセサリとか周辺機器をいろいろと手がけている会社なので試してみるかと。
そんな感じです。

あ、インスタもよろしくお願いします。

芙蓉の実の可愛さよ #ShotoniPhone #iPhone7 #tokyo_grapher #tg_tele

maxiさん(@maxi_reliphone)がシェアした投稿 –

この記事のQRコード 【B-side】スマホ車載ホルダーが進化していた件

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】