reliphone

SIMフリーiPhone6とIIJmioのSIMを使った感想

  2015/09/25

使ってみるまでわからなかった話をいろいろしてみようと思う。
iPhone6sでの動作も確認されており、オススメですよ。
 

IIJmioの特徴

通常時200kbpsで、LTEの速度で通信をするには高速クーポンを使うというシステム。これをアプリで切り替えて使います。
高速クーポンは毎月3GBが追加され、翌月まで繰り越しが可能。上位プランの場合は毎月5GB、10GB。

IIJmioクーポンスイッチ

Internet Initiative Japan Inc.
評価: 4(93件)

  
ss1

IIJmioが評価されているのは独自のバースト転送によるところが大きい。

バースト転送というのはセッション最初の3秒間は速度制限なしに通信ができるもので、そのおかげで低速時でも数字以上にレスポンスがとてもよく感じられる。
Twitterのようなその都度読み込みが発生するサービスは断続的にバーストが効くので特に相性がいい。

反面、一定の速度が要求されるものに関してはバーストでは対応できないので高速クーポンオフではつらいと感じる。
YouTubeのストリーミングは240pにしても途中で止まってしまう。
CloudBeatsで音楽をストリーミングするのもやはり厳しい。
(ビットレートを128kbps程度にしたものであれば問題なくストリーミング再生が可能ではあるが、ジャケット画像をダウンロードしてきたり、音楽とは関係ない部分での通信が発生するので初回再生時は止まることがある)

Podcastは基本的にビットレートが高くないので止まることなく聴ける。
radikoはビットレートが高くないのと、断続的に通信を行うためにバースト転送が何度も発生するのでまったく問題なし。

Googleマップは結構待たされますが、使えないってほどでもないかな。

 

SIMはどれを選ぶべきか

データ通信専用SIM 900円
SMS付きデータ通信専用SIM 1040円
通話付きSIM 1600円

と3種類あるわけですが、私が契約しているのはSMSなしの一番安いやつ。


(SIMのサイズはiPhone5以降はnanoSIMになります)

SMSがないとLINEなどの認証に困るようですが、私はもう1台携帯があり認証はそちらで済ませているために問題ありませんでした。
iPhoneのみでの運用を考えている方は最低でもSMS付きの方を選ぶ必要があるでしょう。

基本は携帯を2台持っているものの、たまに1台しか持たずに出先で電話したいと思う時がありまして、そんなときに通話付きSIMじゃないとちょっと不便。
しかしSMARTalkというサービスならデータ専用SIMでも通話ができますので、私のようにたまに電話が使えればいいのであれば通話SIMじゃなくてもいいかも。
このあたりは昨日書いた記事を参考に。

SMARTalkを使えば通話機能がない格安SIMでも一般電話と通話が可能!

 

通信量について

上にも書いたように普段は低速で問題ないので、ほとんど高速通信を使っていません。
ストリーミングやGoogleマップで高速通信を使うくらい。
なので、毎月3GBが繰り越されて月頭には6GB分の余裕があります。

低速モードではいくらでも使えるかというとそうではなくて、直近3日間の累積が366MBを超えた場合は50kbps程度にまで制限がかかるそうです。
直近3日での累積なので制限は長くても3日間。
大手キャリアの規制より厳しく見えますが、高速クーポン利用時にはその制限を受けないので、そのあたりは運用次第ですね。

大手キャリアで3日で1GBの制限を食らうと何もできないくらいには遅くなるって話ですが、IIJmioは高速クーポン内であれば1日で何GB使っても規制はされませんので安心して使える。
クーポンを使い切ったら低速モードになりますけど、それでもTwitterなどは快適に使えるレベルで困りません。
クーポン使い切った上に低速モードで規制されたらさすがにしんどいでしょうが、そこまで使う方は追加クーポンの購入か上位プランを検討しましょう。

大手もひと月あたり7GBって制限を付けるなら、その範囲内では自由に使わせてくれるべきなのに、3日間での制限まであるのは残念なところです。(最近ドコモとauは緩和されたみたいですけどね)
自分の手持ちの分だけ好きに通信ができるIIJmioの方がずっとすっきりしていて好きです。

 

まとめ

IIJmioは去年10月までは毎月1GBの高速通信が使えました。
そこから2GBに増量され、今年の4月からはさらに1GB増量されて毎月3GBになりました。
料金据え置きで使える容量が増えてくれるのはありがたいことです。

格安SIMってもっといろんなところで我慢しなくちゃいけないんだろうなと想像していたんですが、IIJmioに関しては我慢が必要な局面ってのがほとんどなくて拍子抜けをしました。
あと、テザリングもオプション契約なしで普通に使えます。
大手キャリアだと有料のオプション契約で2年間だけ無料ということになっていたりするので、期間が終了したら無駄にお金がかかりますので注意が必要です。

ユーザーからほとんど不満の聞こえてこないIIJmio。
実際使うと安かろう悪かろうではなく、コスト以上に満足感のあるいいサービスでした。
サービスとしては文句なしですが、あとはウィジェットでクーポン残量が把握できたり、クーポンの切り替えができたら最高かな。

利用期間の縛りも翌月末日までとお手軽なので、もしSIMフリー端末を買うのであればオススメしますよ。
いまなら2か月分の容量が増加する紹介キャンペーンもやっていますので、興味がある方はどうぞ。

お友達紹介キャンペーン | IIJmio

回線を選ぶ際の参考になれば幸いです。

この記事のQRコード SIMフリーiPhone6とIIJmioのSIMを使った感想

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】