reliphone

IFTTTよりも高機能なハブサービスZapierとは vol.3

  2015/01/30

今回は専用アプリがないZepierをどうやってiPhoneで利用するかに焦点を当てたいと思います。

前回までに書いてきたメリットを簡単にまとめますと

・複数アカウント対応
・自在に改行できる
・柔軟なフィルタリング
・IFTTTにはない情報を多数取得できる
・RSS変換機能がある

こんなところでしょうか。
詳しくは前々回前回の記事を見ていただければと思います。

これだけ使えてもiPhoneに渡せないのがもったいないのですが、今回はそれをクリアしてしまいます。

 

IFTTTとZapierをつなぐ

サービスをつなぐIFTTT
サービスをつなぐZapier

このふたつをつないでしまいます。

Zapierで処理した内容をIFTTTに渡す。
この時の遅延を考えてみましょう。

A → Zapier → B → IFTTT → C

通常のやり方で処理をすると
A→Zapierで最大15分の遅延
B→IFTTTでも最大15分の遅延
トータルで30分の遅延をすることになります。

この方法の肝となるのはメールです。
以前にIFTTTの遅延を無くす3つの対処法というエントリを書きました。
この中で書いているように、メールトリガーなら遅延が無くせるのです。

A → Zapier → メール → IFTTT → C

この連携だとトータルでも最大で15分の遅延で済んでしまうのです。
IFTTT単体で使う場合でも最大15分の遅延が発生しますから、同等です。

IFTTTの前段階の処理をZapierに任せてしまって、IFTTTに渡す。
IFTTTなら専用アプリがありますから、そこからリマインダーやカレンダーにも連携できます。

そして遅延は同等。ちょっといいでしょう?

 

Zapierの短縮URLを回避する

前回よくないと書いた、短縮URLが強制される問題もメールを使って回避します。
短縮されるのはTwitterなどの特定のものだけで、メールなどでは短縮されることがありません。

ですから、そのままIFTTTに投げて処理させてしまえばいいのです。
もちろんIFTTT側で短縮オプションをオフにしていることが前提ですけれど。

 

まとめ

IFTTTのよくないところばかり書いてきた感じがありますが、私はIFTTTが大好きであり、これはIFTTTでできないところをZapierで補おうといった一連のエントリなのです。

IFTTTとZapierを組み合わせることで、短縮URLの問題や、専用アプリのない点がクリアできました。
メールで繋ぐことで一体のサービスのように利用できるんですからすごいです。

想像力で可能性は広がる。
いやぁ、可能性がありすぎてまだまだ底が見えないハブサービス、楽しすぎて仕方ありません。

しかしこんなこと書いてもニーズなさそうですよね。
ちょっと面倒に思えるでしょうし。便利なんですけどねぇ。

maxi (@rel0005)

そうそう、いま気になっているサービスにon{X} というものがあります。
これも同様のハブサービスなのですが、JavaScriptで処理が書けるというものすごく魅力的な特徴があります。
Androidアプリだけなのでここでは取り上げませんが、いつかiPhone版が出てくれるといいですね。

この記事のQRコード IFTTTよりも高機能なハブサービスZapierとは vol.3

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】