reliphone

WWDC 2017の感想

 

※特に役立つことは書いてない。

・オープニング映像が面白いし金かかってる。

これは見るべし。

・AppleTVにAmazonプライムビデオが来る

まだ先の話っぽいけどうれしい。

・High Sierra

macOS Sierraの次はHigh Sierra。予想外。

・watchOS4

トイストーリーのWatchFaceなどが追加。

・iMac Pro

Xeonの最大18コア、メモリ128GBまでいけるマシン。

8コアで5000ドルからスタートなので、フルスペックだといくらになるのか考えたくはない。本体がブラック(スペースグレー?)でかっこいい。

・Siriの発音がより自然に

同じ単語でもイントネーションを変えてくるなど芸が細かくなってる。
日本語も良くなってると嬉しいが。
というか、ここが良くなってくれないとAIアシスタントの体験がいいものにはならないよね。

・Monument Valley2

ついに!!きました!!!
信じてた!!!!
スマホゲームの金字塔Monument Valleyの続編がサプライズな発表。
しかももうダウンロード可能とか嬉しすぎてヤバい。

Monument Valley 2

ustwo Games Ltd
ゲーム, アドベンチャー, パズル, エンターテインメント
評価: –

ss1

みんな買おう!!
まだ1をやってない人は絶対やろう。損はしない。

・iPad Pro

噂の10.5インチiPad Proが登場。

↓新しいCM

中途半端なサイズだと思ってたけど、フルサイズのソフトウェアキーボードが使える大きさということで納得感はあります。外付けキーボードにはJIS配列も用意される。
ペンでいきなりメモを書き出せるのはいいね。
本体サイズはさほど変わらずにベゼルが狭くなる。スペックも向上。また解像度が変わってデベロッパさん大変。可変FPSで120FPSまで出せるのはいいね。iMovieも120FPS出力に対応してくれることを願う。

Apple Pencilで手書き入力したものが文字検索可能になっていたけど、日本語はどうなんだろう?(日本語はダメみたい)

・HomePod

Siri対応のスマートスピーカー。猫を飼ってる人にとってはお高い爪研ぎになるだろう。

トリガーとして「Hey Siri」の呼びかけは必要になるので、家の中でもiPhoneを肌身離さず持っている人間にとってはあんまり利用価値がないのかなとも。
音楽ストリーミングサービスを使ってるなら便利そうだ。常に音楽のある生活はちょっと憧れるね。
349ドルで年内発売はUS、UK、AUSのみ。
まずは音質を確かめないと。

iOS11に関する内容は別記事にしようかと思う。
短いのをポンポンと出していく実験に。

この記事のQRコード WWDC 2017の感想

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】