reliphone

iOS8ウィジェットアプリ特集 No.03 DataMan 通信量をリアルタイムにモニタリング

  2015/03/01

毎日ひとつずつウィジェットを使ったアプリを紹介していくよ。

ということで、今日は通信量がリアルタイムにわかるアプリをご紹介。
昨日のは通信速度でしたが、今日のは通信量です。

DataMan Next : リアルタイムでデータ使用を管理

200円
販売: Johnny Ixe
評価: 4.5(264件)


うちでも何度かオススメしたことがありますが、先日のアップデートでウィジェット対応し、すごく便利になりました。
ss1

App

 

ここがオススメ

ウィジェットで通信量がどれくらいになっているのかすぐに確認できる。
シンプル!

設定値までどれくらい残っているのかを具体的な数字で見せてくれるだけじゃなく、色でも示してくれるのでわかりやすくって良いのです。
dataman widget1
まだ余裕があるときは緑。
上限に近付くにつれて赤く変化していきます。
dataman widget2
締め日、データ量上限の設定だけでなく、データ枠の追加にも対応しているので、途中で追加料金を払って増枠したときでも大丈夫。
ご覧のように日本語化もされていますよ。

もちろん3G/LTEとWi-Fiは別々に計測されています。

 

ここが惜しい

レビューにもありますが、直近3日間って測り方はできないので、それくらいでしょうか。

 

まとめ

キャリアの締め付けが厳しくなって、ユーザー自身がどれだけ通信したかを確認しないといけない時代になってしまいました。
しかしキャリアのサイトで毎日確認なんてやってられません。

そういう時にはこのウィジェットがお役立ち!
毎日1秒で確認完了ですからね。

そうそう、URLスキームも実装されました。
datamannext://
ウィジェットをタップすればアプリが開くので、URLスキームを使うことってあんまりないと思うんですけどね。

さてDataMan Nextは月単位か週単位での積算を出してくれるアプリです。
1日単位、時間単位でデータを見せて欲しい場合には、上位版のDataMan Proというものもあります。

DataMan Pro – the smartest way to manage your data usage

500円
販売: Johnny Ixe
評価: 4.5(11件)


URLスキームはdatamanpro://
ss1

App


さらに上位のDataMan Enterpriseでは複数のプラン上限を設定できたりします。
やっぱり機能は上位の方がいいんですが、価格設定が悩ましいところです。

DataMan Enterprise : Track Data Usage In Real-Time

1,000円
販売: Johnny Ixe
評価: –


ss1

App


月単位で知りたいだけならNext、日・時間単位ならPro、Enterpriseまではいらないかも。

ということで、7GB規制に気を付けるだけならNextを。
1GB規制が心配ならProを使うといいんじゃないでしょうか。

NextとProの細かい違いはこちらに載っています。(英語)
XVision – We Invent Apps


コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】