reliphone

オシャレなLightningケーブル NuAnsのBANDWIREを買ってみた

  2015/08/22

NuAnsというのはスマホのアクセサリを手掛けるトリニティと、デザインユニットTENTがコラボして生まれた新ブランド。

TENTに関してはデザイン雑貨好きの方ならご存知でしょうが、iPhone関係でもSnapLiteというiPhoneをスキャナとして使える照明スタンドなどを手掛けています。
ちょっとひねりのある楽しい雑貨が多いですね。

そのTENTがデザインしたLightningケーブルはやっぱり素敵な仕上がりでした。

パッケージはこちら。
BANDWIRE
ループやロゴ入りのタグが布製だったり、パカパカ開閉する仕組みになっていたりと、パッケージにもこだわりを感じます。
この辺は買うなり店頭で探して実際に触ってチェックしてください。

サイズはたたんで9㎝。(成人男性の中指よりちょっと長い程度)
BANDWIRE

端子は中央の部分に差し込んであるので、使う時は引っ張り出す。
BANDWIRE
まっすぐに伸ばすと18.6㎝。
キーホルダーに合わせて持ち運びたいと思っていたので、これとBlueloungeのKiiのどちらにするかで悩んでいたのですが、Kiiは曲げられないのが使いにくそうで(あとコネクタに負担がかかりそう)やめました。


Kiiよりは大きくなりますが、なかなかいいかんじです。

発売前に気になっていたのは、公式サイトやAmazonにある写真がどうにもプラスチックに見えるという点でした。
でも買ってみたらプラスチックではなく、マットなゴムな質感。よかった。

利点としては
・絡まない
・お洒落
・友達に自慢できる

悪い点としてはケーブルほどは柔軟性がない、ってところでしょうか。

材質がTPEなので高温には強くないと思うんですが、この辺りはメーカーのページにも書いてないので不明。
夏場の車内放置はやめた方がいいかもしれません。

耐久度は発売してからまだ日が浅いので何とも言えないのですが、通常のケーブル被膜よりもずっと厚みがあるので、そう脆くないことを期待します。

ロック機構が付いているわけではなく、ただコネクタがゴムに刺さって止まっているだけなので、落としてしまうんじゃないかと心配でしたが、それなりに引っ張り抵抗があるので大丈夫そうです。
キーホルダーに付けるとこんな感じ。

カバンの中に入れておいても邪魔にならず、絡まないというのはなかなかいいものです。
もちろん日常使いにはもっと長くて柔軟性のあるケーブルの方が使いやすいですが、携帯用であればこのコンパクトさは魅力。


在庫がなくってなかなか買えなかったけど、ようやく落ち着いてきたみたい。

デザインにこだわりがあって、持ち運びにも便利なLightningケーブルをお探しの方はぜひこちらを検討してみるといいですよ。

 

関連

NuAnsは他にもモバイルバッテリーやLightningドック付きのインテリアライトなども出していますのでチェックしてみてください。

NuAns公式サイト
[NuAns] ニュアンス | 便利さと共に、温もりのある暮らしを




クリエイティブユニットTENT公式サイト
TENT1000

キーホルダーに付けているUSBメモリはこれ

この記事のQRコード オシャレなLightningケーブル NuAnsのBANDWIREを買ってみた

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】