reliphone

Yoに感じた可能性

  2015/01/03

友達にYoって送るだけのメッセンジャーアプリYoを使ってみたよ。

Yo.

無料
販売: Life Before Us, LLC
評価: 4.5(221件)


ss1

App


単にYoって送るだけって、友人への嫌がらせ以外に用途が思いつかず、放置していました。
どうもURLが送れるようになったとのことですので、ようやく使ってみたよ。

 

なにをするのか

友達のアカウントを追加してタップ!
それで相手にYoが送られる。

もしくはアカウントを長押し。
するとクリップボードのURLがYoと一緒に送信されます。

これだけ。

 

ブログの更新をYoで通知する

アプリを入れて私のアカウントをフォローすればそれだけでブログの更新が通知されます。

http://justyo.co/RELIPHONE/

↑ これをタップするだけ。
(アプリを入れてないと反応しません。手動の場合は reliphone を追加してね)

あとはブログが更新される度にYoが送られるので、その通知をタップすればブログが開きます。

Twitterで更新をチェックするよりも楽でいいよね。

 

Yoのメリット・デメリット

いままでもいろんなやり方で不特定多数に対してプッシュ通知を行う方法ってのを考えてきたんですが、IFTTTのアカウントが必要だったり、面倒な設定をしなければ出来なかった。

それがYoであれば配信元のアカウントをフォローするだけで完了する。
不特定多数にすごく簡単にURLをリアルタイム配信できるわけです。
これはでかいメリットです。

デメリットは通知をタップするだけで、よくわからないURLを勝手に開いてしまう点。
ちょっと工夫すればURLスキームを送って、実行させることまでできてしまう。

これに関してはYoだけの問題ではないけど、開く前にURLが確認できないのはちょっと怖いよね。

だからreliphoneのYoアカウントではブログの更新のみ通知します。
これは大事なお約束です。

 

まとめ

フォローするだけで通知されるのは楽でいいです。
アプリ落としてアカウント作成してチャンネル有効化して、なんて設定するの面倒ですもんね。

そうそう、reliphone宛にYoを送信しても私には届きません。
ブログの更新情報専用のアカウントですのでお間違えなく。

とりあえずYoを入れてはみたけど使い道ないよ!って人はブログの更新情報を受け取ってみるといいです。
ただ、結構夜中に更新したりするので、そういうのが困る人は気を付けてくださいね。
うざかったらブロックを。

Yoっていきなり送られてきても意味が分からないけど、こうやって用途を限定したアカウントを作って運用すれば結構悪くないと思う。

 

導入にはこちらの記事が参考になりました。
【WordPress】ブログの更新をYo!するプラグイン*prasm

この記事のQRコード Yoに感じた可能性