reliphone

【iPhone/iPadアプリセール情報】2016年11月14日版

 

値下げされたアプリから日々気になったものをピックアップしてお届けしています。

 

LiveTunes – ライブコンサート・シミュレータ

Rockstar App Solutions, LLC
ミュージック, エンターテインメント
評価: 4.5(5,597件)

¥ 120 → +無料
普通のスタジオアルバムがまるでライブ音源のようになってしまう音楽プレーヤー。
ホールのような音の広がりと歓声でいつもの曲が違った感じになってなかなかいいですよ。
こんな機会はめったにないのでダウンロードしておきましょう。
ss1

FocusList: daily planner & focus timer based on timeboxing and pomodoro technique

Vojto Rinik
仕事効率化, ライフスタイル
評価: –

¥ 600 → +無料
ポモドーロテクニックを使ったタスクリスト。これなかなか良さそう。
ss1

Paintlogue – 絵画、水彩 & ブラシ

Nine Curves
写真/ビデオ, エンターテインメント
評価: 5(7件)

¥ 480 → +無料
写真を絵画風に加工できるアプリ。Waterlogueみたいに。
ss1

Tweego Search for Twitter

Yuta Hirobe
ソーシャルネットワーキング
評価: 3.5(10件)

¥ 240 → +無料
Twitterエゴサ用アプリ。アップデートは3年以上前から止まっており、不具合もある。まぁアップデートが来たらラッキーくらいの気持ちで。
ss1

Post Quicker – Easy way to post on Twitter or Facebook

Nitish Mishra
ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
評価: –

¥ 120 → +無料
Twitter、Facebook、メッセージに投稿するだけのアプリ。
ss1

Raiden Legacy

DotEmu
ゲーム, アクション, アーケード
評価: 4(225件)

¥ 600 → +¥120
縦スクロールシューティング。
ss1

レオズ・フォーチュン

1337 & Senri LLC
ゲーム, アクション, アドベンチャー
評価: 4.5(711件)

¥ 600 → +¥120
名作アクション。
ss1

 

価格は調査時のものです。
ご購入の際にはストアでの価格をご確認ください。

 

後記

Leonard Cohenが亡くなった。
このサイトでもつい先日取り上げたばかりなので、記憶にある人も多いだろう。
82歳と覚悟が必要な高齢ではあったが、やはりショックは大きい。

先月にはアルバムを発表したばかりだが、この新曲には不穏な歌詞があったり、アルバム発表に際して死の覚悟について語ったりと、嫌な予感がしなかったわけではない。

この曲を聴いているとDavid Bowieのときのような、心に引っかかってはいても口に出してしまうのが怖い考えが頭をよぎった。口に出さなくても嫌なことは起きてしまうのだけど。

↓この記事はとてもいい内容なので読むといい。
レナード・コーエンが、ディランのノーベル賞受賞、「もう死ぬ準備はできている」と語ったことについて語る。本人登場の新作イベントに行った! – 中村明美の「ニューヨーク通信」 (2016/10/14)| ブログ | RO69(アールオーロック) – ロッキング・オンの音楽情報サイト

レナード・コーエンの声が聴きたい方に。記者会見の映像がアップされた! ディランについても語る – 中村明美の「ニューヨーク通信」 (2016/10/25)| ブログ | RO69(アールオーロック) – ロッキング・オンの音楽情報サイト

もし英語が堪能であれば、この記事内で触れられているThe New Yorkerの記事も非常に長くて力の入った記事になっているようなので読んでおくといいかもしれない。残念ながら私には厳しかったが。

この最後のアルバムでは息子のAdamがプロデューサーを務めたということで、やはり家族とのつながりを形にしておきたかったのだろうか。
Adamはソロのミュージシャンとしてアルバムを数枚出しているが、あまりパッとしない。
1stは脱退した直後にアイドルが出したソロ作のような印象のもので、聴いてみると悪くはないのだが語り継ぐような名曲もなかった。最近ではMumford & Sonsのような曲を歌っていたし、方向性がよくわからないままなので大成はしないだろうが、1stに入っているCry Opheliaは結構好きだ。

レナードの名曲Hallelujahは先日たっぷりと紹介したばかりでもあるので、新作からのTreatyでお別れを。
この曲は作詞作曲プロデュース、すべてがレナードによるものだ。

彼の人生を締めくくるにふさわしい、穏やかで美しい曲だ。
偉大な人だった。
またさみしくなる。

この記事のQRコード 【iPhone/iPadアプリセール情報】2016年11月14日版

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】