reliphone

pixiv非公式アプリの終焉

  2017/04/07

pixivというイラスト投稿SNSは、質の高い絵が大量に集まっており、一次・二次創作をされている方には高い人気を誇っているサービスです。

2,000万人を超えるほどの巨大なサービスとなったpixivには非公式のアプリがいくつもありました。しかしそれらが消えてゆき、公式アプリ以外の選択肢がなくなっていった流れを振り返っていきたいと思います。

 

Pixittiの消滅

不満の多かった公式アプリに比べ、Pixittiというアプリはとてもよくできており使いやすく、人気も高いものとなっていましたが、pixivの仕様変更に伴い2015年5月に開発を終了しました。

愛用者も多く、かなり長期にわたってPixittiを惜しむ声がTwitterには投稿されてきました。愛されていましたね。

【追記】
この記事を受けてPixittiの開発者さんが開発終了の理由を投稿されていました。


仕様変更だけであればいつかまた何らかのタイミングで日の目を見ることがあるんじゃないかという淡い期待をユーザー・開発者ともに抱いていたものですが、その後の流れを考えるとそれすらも難しくなったと言わざるを得ません。
【追記】

 

Pixitailの消滅

そして2016年8月、最古参であったPixitailがピクシブ社からの要請を受けアプリを公開停止としました。

経緯は開発者さんの↓Tumblrに書かれています。
CatHand

iOS3のころから7年以上現役であったというもので、Tumbletailと共にあるのが当たり前のように思えていたアプリでお世話になってきた方も多かったでしょう。長寿なアプリだっただけにとても驚かされたものです。
このストアからの撤退に伴いPixitailのソースコードが公開されております。(自分でビルドができればまだ使うことはできる模様)

これ以前にもいくつかあったアプリが消えてゆくのを見てきており、Pixittiと同じく仕様変更についていけなかったのだろうかと思っていましたが、このPixitailが削除要請を受けたというのを知り、ピクシブ社が積極的に排除に動いていることを認識しました。

 

新星Procyonの消滅

さて、それとは微妙に前後するのですが、Procyonというpixivクライアントが2016年7月の末にリリースされました。
自分がこれを知ったのはPixitailの撤退が決まった8月に入ってからのことでしたので「えっ?大丈夫なの??」と驚くばかりでしたが、その後も意欲的にアップデートを重ね、今では非常に出来の良いクライアントにまで成長をしています。
Googleの提唱するマテリアルデザインを非常に上手く使われていて、まだ高校生だとは信じがたい出来栄えです。

そのProcyonもピクシブ社からの削除要請が出ており、4月7日以降は新規ダウンロードができなくなると発表がされているそうです。
いいアプリなので使ったことがない人は今のうちにお試しするといいですよ。

Procyon-イラストビュアーfor Pixiv

KENICHI OBUCHI
ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
評価: 4(67件)

  
ss1

Procyonの消滅について詳しくは以下のサイトで。
Procyonに関して【Pixiv】 – AniLikeBlog(アニライクブログ)

開発者ご本人のTwitterには動きがないので詳しいことはわかりませんが、消えてしまうことは間違いないのでしょう。
このアプリはU-22 プログラミングコンテスト経済産業省商務情報政策局長賞を受賞したというものでもあり、今後にも期待ができるものでしたが、このような結果に終わってしまい残念です。

もちろんpixivにかかる運営コストを支払っているのはピクシブ社であり、彼らの意にそわない形で作られた非公式なアプリというのはフリーライダーとして排除されても文句の言えないものではあるのでしょう。
しかしpixivは巨大になりすぎて公式アプリだけでは多種多様なニーズに応えられるものではありません。
Twitterでは無料の公式アプリがあるにもかかわらず、みなさん自分好みのアプリを使っています。Twitter公式アプリの出来は悪くありませんけれど、各々で求めているものが違うので、そのニーズを非公式なアプリが埋めてくれているという格好です。なんだかんだと問題はありつつもTwitterが存在感を示し続けられるのは、こうしたサードパーティーのアプリが豊富にあることで多種多様なニーズに応えられている点が大きいと思います。
万人に受け入れられるアプリなんてものは存在しませんし、自分がどんなに素晴らしいと思っても気に入らない人は必ず居ます。もちろん気に入らないものには課金なんてしないでしょう。

pixivのアプリはiOSだけでなくAndroid用アプリも壊滅的で、公式以外の選択肢はほぼ存在しません。そしてピクシブ社が非公式アプリを排除する方向であることが明らかになっている以上、新たなアプリが登場する可能性も少なくなっています。
いいアプリがあれば、そのサービスに触れる時間は自然と増えてゆきます。
しかし非公式アプリを排除することは、その人が使いにくいと感じる公式アプリを使うのを強制することにつながってしまいます。
排除するだけではなく、サービス提供側がコントロールできるAPIを整備していくことで、ユーザーにも、アプリ開発者たちにも、そしてもちろんサービス提供側にも利のある方向を模索してほしいと願います。

この記事のQRコード pixiv非公式アプリの終焉

Comment

  1. 佐々木誠 より:

    無料のAPIがなくなって、陰でPIXIV会社のプライベートAPIを使わなければなりません。有料のAPIがあればいいと思います。

    • maxi より:

      便利なアプリがあればユーザーの利益にもなると思うんで、有料でもAPIを使わせてくれるようになってほしいですね。同感です。

  2. Yas より:

    記事を読みました。大変興味深かったです。
    現在は、Procyonをインストール可能になっているみたいですよ。

    • maxi より:

      予告されていたストアからの削除がまだ行われていないようですね。ちょっと開発者さんからも声明が出ていないので状況がわからないんですが、まだインストール可能だということがわかってよかったです。
      情報ありがとうございます。

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】