reliphone

新しいiPhoneを買う人向け、アクセサリについて注意すべき点

  2015/09/26

もうじき発売されるiPhone6s/Plusを買うにあたっていろいろなアクセサリも検討することでしょう。
注意点もあるんですけど、そのあたりがアクセサリメーカーから発信される気配が無いので書いておきます。

 

ケースについて

6sからはエッジプレスという操作が加わり、画面端での押し込み操作ができるようになる。そのため画面ギリギリまでを覆うケースについては推奨されていないので、余裕を持ったケースを選んでほしい。

6とのサイズ差があまりないので大半の6用のケースがそのまま使えるはずだが、金属製バンパーなど一部の製品では6s対応かどうかを確認すること。
確認できない場合は気に入るのが見つかるまで100均で透明なケースを買ってつけておくといい。

 

保護フィルムについて

新機能3D Touchによって、画面の押し込みには強弱が検知されるようになる。
このため、フィルムにも制限が加わっている。

iPhone 6sの新機能「3D Touch」は保護フィルムを貼ってもフィルムがAppleのガイドラインに準拠していれば利用可能なもよう。

上記エントリにあるように、Appleのガイドラインによれば0.3㎜以下であれば問題ないとされているので通常の保護フィルムであれば大丈夫なはずだ。
0.3mm以下という数字を覚えておいてほしい。

ちなみに6を1年間保護フィルムを付けずに使った経験から言わせてもらうと、やはり若干の小傷はついてしまうので気になる人は貼るべきだが、なにも貼っていないiPhoneはエッジの局面がとても気持ちがいいのでそれも体験しておいてほしい。いきなり保護フィルムを貼る前に滑らかな指触りをお試しください。

 

保護ガラスについて

日本で人気の保護ガラスに関しては0.3mmを超えるものが多く見られる。
例えば数字の公表されているSpigenの6s対応ガラスは0.4mmなのでガイドラインには準拠していない。
ではもっと薄いものを選べばいいかというとそうでもなくて、例えば0.15mmや0.2mmクラスのガラスでは落としてもいないのに割れるといった報告が多数見つけられる。
それなりの強度を確保した保護ガラスは0.3mm~0.4mmのものが多いため、0.3㎜以下のものを選ぶのは苦労するだろう。
薄いと割れるが、厚いと3D Touchの反応が悪くなるかもしれないという難しい状況だ。
これは実際に6sが出てから各社ガラスに対するレビューが出てから選ぶといいかもしれない。

5sまでとは違い、iPhone6から全面のガラスが縁に向かって丸くカーブしている形状になったため、フロントガラス部分をすべて覆うのが困難になっている。
平らな部分だけカバーする商品でも、保護ガラスの端が浮いてしまい美しくない。
この問題を解決すべく、フチの部分にシリコンを入れて浮かないように見せたり、ガラスと異素材を組み合わせてカーブ部分までも覆うものなどが出てきている。ガラス一枚を立体的に整形したものもあるが、こうした製品はどれも5,000円程度はして手が出しにくい。そして、薄くするのが難しいため0.3㎜を超えるものが多い。
また前面をすべて覆うと今度はケースに干渉することが多いのでこれも注意してほしい。

今はAnkerの安い保護ガラスを買って試しているが、やはり全周にわたって2㎜くらいの浮きがある。美しくはないけれど安いので単に画面を保護する目的なら割り切れる範囲だろう。


厚さは0.38mmとオーバーしているので、6sで問題ないかは不明。

5sまでのフラットな画面であればそうした浮きもなく、厚さも問題にならないし、なにしろ安いので非常にオススメな製品ではある。


同社のiPad用保護ガラスも買って使っているが、これは本当に買ってよかったと思える製品だった。

フィルムとは格段に差がある美しさで、この価格。満足度は非常に高い。

5sまでの端末とiPadシリーズは普通の保護ガラスで問題にならないが、6以降のiPhoneでいい保護ガラスを探すのはとても苦労することだろう。
お金を無駄にしたくない人は、とりあえず100均のフィルムを貼って様子見をするといいかもしれない。

 

ケーブルについて

4sからの乗り換えユーザーであれば初のLightningケーブルとなる。
予備のケーブルに関してはダイソーで充電専用ケーブルが108円、充電・同期対応ケーブルが216円で手に入るので予備として持っておくといい。

ついに! ダイソーから同期対応のLightningケーブルが登場!! | reliphone

万能ではないのであくまでも予備として。
注意点などは上記エントリで。

 

まとめ

だいたい100均で売ってる!

別に安いものですませるべきってわけではなくて、購入した日にいろいろ焦って買うと失敗するので、気に入った商品が見つかるまでは100均で調達するくらいがいいよってだけです。
特に保護ガラスに関しては焦って買わない方がいいんじゃないかな。
ちなみにバンカーリングもどきも100均で売ってるよ。

アクセサリメーカーは当然フィルムの厚さに関する情報を知っているはずだけど、アナウンスしていないのが残念なところ。
はたして0.3㎜を超えるフィルムでは3D Touchに問題が出るだろうか。6sを購入する方はぜひ貼る前と貼った後での違いを報告してもらえると嬉しいです。

この記事のQRコード 新しいiPhoneを買う人向け、アクセサリについて注意すべき点

Comment

  1. 名無しさん より:

    例えば1.5mmや0.2mmクラスのガラス

    • maxi より:

      どういう意図のコメントなんだろうとしばらくわかりませんでしたが、数字が間違っていましたね。すみません。

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】