reliphone

iOS11の新機能をチェックしていく その1

 

WWDCで発表された内容や、公開されたドキュメントを元にしてiOS11の新機能を見ていきます。
気になるところだけ。

 

ARKit

ARアプリの開発がより手軽に。
Pokemon GOのARモードが良い感じになるみたい。あとはMikuMikuDance系のコンテンツが増えていくと面白そう。

ゲームだけだとすぐに飽きられてしまうだろうけど、インテリア・家具・家電を部屋にARで配置するものが定着していくかも。カーテンなんかすごく恩恵があると思う。

マンションのモデルルームなんかで窓に向けてかざすと、それぞれの階からの夜景がどんな風に見えるかってのをARで見せるのはいいかなと思う。高層階からの夜景もいまはドローン撮影ができるしね。
まぁ億ションのようにコストがかけられるところはPanasonicなんかが展開している窓ガラス全体を使ったデジタルサイネージを採用したほうがずっと説得力あるだろうけど。

Snowのように顔を加工するようなアプリや、眼鏡・ヘッドホンなどのAR試着にも使えるのかなー。

https://developer.apple.com/documentation/arkit

 

Core ML

機械学習のモデルをアプリに組み込めるようになる。
特定の分野ではかなり面白いことができるんじゃないかな。
例えば以前話題になってた、パン屋のレジでトレイを置くと画像認識で自動会計してくれるようなものを低コストで作れるようになったりするだろうか。

https://developer.apple.com/documentation/coreml

 

Depth API

7Plusの純正カメラでしか使えなかった被写界深度エフェクトがサードパーティーでも使えるように。
LightroomやMicrosoft Pixあたりがいち早く取り入れてきそうですね。

https://developer.apple.com/documentation/avfoundation/avdepthdata

 

Core NFC

NFCデータの読み取りが可能に。(書き込みは非対応)
Type1から5までということで、一応Felicaも対応範囲に含まれるのでSuicaやEdyなんかのデータを読める感じ?Androidではそういうアプリがあるようだし。
あとは任天堂のamiiboのようなNFCタグを使ったコンテンツなんかも期待したい。
もちろんiPhone 7・Plus以降の機種のみ。

https://developer.apple.com/documentation/corenfc

 

Drag and Drop

iPadではドラッグ&ドロップでアプリ間のデータ移動が可能になる。(※iPhoneだとそのアプリ内でだけD&Dができる)
そもそもSplitViewがiPad Air2以降の機種に限られているんで、当然この機能もAir2以降だろうなとは思うんですが、その辺のことなにも書いてないんですよね。

先日のアップデートでReaddleのDocuments 6Sparkがこの機能を独自実装して話題になったのも記憶に新しいところ。これでReaddleの囲い込みが進むかと思いきや、Appleに持って行かれちゃいましたね。
実際に使ってみても↓この動画のようにシームレスで、本当に魔法のような体験です。iOS11がリリースされるまでにまだ時間がかかりますから、ぜひ体験してください。

アプリ内でhttpサーバーを立てて、サムネイルやドラッグ位置情報などをJSONでやりとりしているんだそうです。仕組みを聞いてもちょっと信じがたいシームレスさ。
さて、iOS11でD&DができるようになってReaddleの優位性が薄れるかというと実はそうでもなくて、もともとD&Dを前提に作られているUIのアプリが実は非常に少ないんですよ。
それはファイラーに限らず、どんなアプリでも基本は編集ボタンを押してファイルを選択し、それから移動先を選択するって操作が必要なものばかりです。なので既存のアプリがそのままD&Dを組み込めるかというとちょっと微妙。そういったアプリよりも、D&D操作を前提として作られているReaddleアプリには依然としてアドバンテージがあるでしょう。

アプリ内でサーバーを立ててデータのやりとりをするというのであれば、それはiPhoneとiPad間でもD&Dで転送というのが不可能ではないわけですから、この技術は案外無駄にはならないのかも。
まぁReaddleよりも、メジャーバージョンアップでUI刷新をすると発表して開発中のGoodReaderのほうが頭を抱えてそう。GoodReader 5.0大丈夫でしょうか。

https://developer.apple.com/documentation/uikit/drag_and_drop

 

Screen Recording

脱獄アプリやパソコンとのAirPlayなどを使わなくてもiPhone単体で画面の録画が可能になる。これは素晴らしいよね。
AirPlay録画で苦しめられた音ズレともおさらばできる。
あといつの間にか役立たずになってしまったスクリーン録画アプリVidyo!のようなアプリも完全に不要になるね。
朗報すぎる。

発表の中では書いてあったんだけど、ドキュメントは発見できず。

この記事のQRコード iOS11の新機能をチェックしていく その1

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】