reliphone

【商品レビュー】 AnkerのiPhone 6 全画面保護ガラスは期待以上の製品だった

  2016/06/12

iPhone 6系は画面のエッジがカーブしているせいで保護ガラスで全画面をカバーするのが難しくなってしまった。
そしてなにより、全画面対応の製品は4千円とか5千円とかやたらと高い物が多く手が出しにくいのが難点。

そんな中、Ankerが販売している全画面保護ガラスは2千円を切る価格だったので試してみました。

 

全画面でない保護ガラス

まずは以前に使っていた保護ガラスの状態から。

▼Anker製(旧)iPhone6用保護ガラス
Anker

見ていただいてわかるようにガラスの端が浮いてしまっています。美しくないし、触っていても気持ちよくない状態でした。

もう販売は終了していますが、↓こちらの商品です。

 

Anker GlassGuard+

今回レビューするのは全画面を保護してくれる製品。購入時の価格は1,999円でした。

▼パッケージ
Anker

▼内容物
Anker
保護ガラス、ホコリ取りシール、アルコールシート、クリーニングクロス、位置合わせ器具が入っています。

▼ガラスの位置合わせ用器具
Anker
これをホームボタンに合わせることで位置決めをしやすくなります。

▼古い保護ガラスと重ねて比較(タップで拡大)
Anker

古い方にヒビが入っているのは剥がす際に落としたせい。

▼ホームボタン周りの比較
Anker

一回り大きくなり、iPhoneの前面をほぼすべて覆ってくれるサイズです。

 

実際に貼ってみた図

ケースを装着した状態で使っています。

▼Anker GlassGuard+貼り付け状態(タップで拡大)
Anker

▼ホームボタン周り(タップで拡大)
Anker

パッと見では保護ガラスが貼ってあることに気付かないと思います。それくらいみごとにフィットしている。

こうした全画面保護ガラスのレビューでよく見かけるのが、端が浮いて空気が抜けないというものです。iPhone6には結構個体差があり、そのせいで浮いてしまうという話を聞きます。
実は私も初めに貼り付けた時には右下と左上の空気が抜けなくて、「これが個体差ってやつか、失敗したなー」と落ち込んでました。
でもよく見るとものすごく小さなズレがあった。ダメもとで貼りなおしてみたところ、丹念にクロスでこすっていくと綺麗に空気は消えてくれました。

本人はきっちり貼れたつもりでも、本当に微妙なズレがあって浮いてしまうことがあるというのを身を持って体験しました。

▼上部イヤースピーカー周り(タップで拡大)
Anker

ケースを外すとガラスによる段差が見えます。

▼ケース無しの状態(タップで拡大)
Anker
段差は目立つものではありませんが、サイドからエッジスワイプをする際には引っ掛かりを感じるのでケースを付けていた方が快適です。
ケースを付けないでいると爪を引っ掛けられるくらいの隙間はあるので、そこに砂が入ってしまった場合割れる可能性もありますしね。

 

ケース

使っているケースはiPhone6/6s用の純正シリコーンケース。

iPhone 6sシリコーンケース – Apple (日本)

▼色は廃番になってしまったターコイズ(タップで拡大)
純正シリコーンケース
Ankerの全画面保護ガラスとの相性はバッチリ!

▼斜め後ろから
純正シリコーンケース

▼下から
純正シリコーンケース
6と6s兼用で使えます。
純正シリコーンケースって4,104円もするのでちょっとお高いですけど、実際に触ってみるとそのへんのシリコーンケースとは別次元の上質さで、非常に満足度が高いです。

手触りはとても滑らかで、汚れもつきにくい。TPUケースなんかだと手の脂が気になって嫌になることがありますけど、純正シリコーンケースではそういったことはありません。

弱点としてはスマホリングが外れやすいことと、洋服の素材によっては細かい毛が付きやすいことでしょうか。
とにかく手触りがいいので是非一度触ってみるといいですよ。ビックカメラやコジマではサンプルがおいてあります。

iPhoneを買い替えたら、きっとまたこれを買うと思う。

Spigenのリキッドクリスタルというケースでも試してみましたが、そちらは微妙に干渉してしまいガラスが浮いてしまいました。

 

総評

ケースとの相性はあるものの、2,000円以下の価格でここまで綺麗に貼り付けられるのはいいですね。
購入日は2016/1/25。4カ月くらい使ってますけど、いまだ傷も無く大満足ですよ。

iPhoneの画面がカーブしているせいで、カーブ部分まで保護するためにポリカーボネートとガラスを組み合わせたり、金属を組み合わせたりして各社工夫をしていますが、いろいろ難しいようで。かといって全画面じゃないのは美しくないんですよ。見た目も指触りも。
ちなみにGlassGuard+は継ぎ目なしの、1枚のガラスでできています。

6ユーザーでもしお悩みの方がいらっしゃったら純正シリコーンケースとAnkerのGlassGuard+がオススメです。
6sには対応していないのが残念ですけどね。

Galaxy S7 Edgeなんてもっと大変なんだろうなぁ……

この記事のQRコード 【商品レビュー】 AnkerのiPhone 6 全画面保護ガラスは期待以上の製品だった

Comment

  1. マルニ より:

    自分も純正シリコンケース使ってますが、何回か付け外しを繰り返してたら一ヶ月ほど経ったところで左右下、イヤホンジャックとスピーカーの端部分が破れかけてきました。泣

    どうしても接触しやすい部分なのでしょうがないんですかね〜。
    そちらは大丈夫ですか?

    • maxi より:

      私もほんの少しだけ欠けていることについ先日気づきました。
      みんなそうなってるのか気になるところです。
      しかしこの手触りは他のケースではありませんからまた買っちゃうでしょうねぇ。

コメントを残す

【メールアドレスの入力は任意です】